10万キロ 10年落ち ヴィッツ 買取 査定

10万キロ、10年落ち超えのヴィッツの買取・査定

走行距離が10万キロを超えている車や型が古すぎる車を売却する際に、査定額がでないのではないかと不安に思う人が多くいます。

 

「もうこの車は古すぎるし、走りすぎているからどうせ買ってもらえない」
「どうせ買ってもらえないなら仕方ないから乗り潰すしかないか・・・」

 

と、思っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、近年の中古車市場は昔とはずいぶん変わってきました。

 

確かに数年前(つまり20〜30年前の車)までは年代車や過走行車はほとんど査定額はつきませんでした。理由は年代車や過走行車はすぐに故障しやすかったり、メンテナンス費が高くついたりしてそういった車の中古車需要が少なかったからです。

 

しかし、最近の車は耐久性もずいぶんと良くなり、10年以上たっていても10万キロ以上走っていてもまだまだ走れます。利用者の認識も車はもっと長く乗れる、中古車でも十分使えるというように変わってきました。

 

なので、長距離走りすぎてるからとか型が古いから売れないということはありません。

 

古い車や型落ちの車をより高く売るには

 

しかしながら、年代車や過走行車を売る際はそれなりに売り手側をしっかり見極める必要があります。

 

売却先を間違えると査定額なしになってしまう可能性もあるからです。

 

より高く愛車を売るためには、高額査定をしてくれる業者を見つけることが大事です。
いくつかの買取業者に査定をしてもらって比較をするのが最もいい方法です。

 

そこで利用したいのが「一括査定」です。

 

 

 

おすすめの一括査定サービス